武蔵野市・武蔵境の内科・小児科は前澤クリニック

小児科

詳細はこちら

PDFファイルを閲覧するには、Adobe Readerが必要です。
ダウンロードしてご利用下さい。

小児科のご紹介

お子さんの発熱、咳、下痢、嘔吐などのお子さんの小児の疾患全般から、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、気管支喘息など幅広く診療致します。お子様のことで、何か異変に気づかれましたら、些細なことでもお気軽にご相談ください。

●インフルエンザとロタウイルスが流行するシーズンです。
10℃以下になると、インフルエンザが流行しやすいです。
具合が悪い時は、お早目に受診しましょう。

ロタウイルス感染症

ロタウイルス感染症は秋から冬に多く日本では2~3月に最も多くみられます。
冬季嘔吐症と呼ばれ乳幼児の冬の急性下痢症の8割以上を占めます。
また、白っぽい米のとぎ汁のような水様下痢便で白色便性下痢とも言われ、激しい嘔吐を伴うこともあるため嘔吐下痢症、小児仮性コレラ、白痢などとも呼ばれています。

詳細はこちらpdfファイル

子どもの鼻かみ

最近、鼻かみが苦手な子どもが増えています。
鼻をかむことの意義は鼻腔の衛生状態と鼻呼吸を改善させ気道感染症の治療の基本となります。
子供に鼻のかみ方の教え方について

詳細はこちらpdfファイル

アレルギーについて

各種のアレルギー分類、ステロイド剤の副反応について書かれています。

詳細はこちらpdfファイル

アデノイド

一般的に扁桃腺と一語で言われていますが、扁桃には口蓋扁桃、咽頭扁桃、舌扁桃、 咽頭側索、耳管扁桃、孤立性リンパ小節などがあり、これらを総称してWaldeyer咽頭輪 といいます。扁桃腺の摘除というと、口蓋扁桃摘出とアデノイド(咽頭扁桃)切除の2つが あります。

詳細はこちらpdfファイル

蟯虫症

寄生虫疾患の内、蟯虫症は小児では最も多い疾患です。小学校や幼稚園では5~20%、特に保育園、託児所では50%以上の 子どもが感染している施設もあるといわれています。

詳細はこちらpdfファイル

解熱剤の使い方Q&A

解熱鎮痛剤はお子さんの熱が高くて、つらそうなときに症状をやわらげてくれるものですが、熱の原因を取りのぞくものではありません。
解熱鎮痛剤を使うときには上手に的確に使うことが大切です。

詳細はこちらpdfファイル

発熱時おうちでできること

発熱時は、わきの下、くびすじ などを冷やしてみましょう。
解熱剤の使い方Q&A。

詳細はこちらpdfファイル

突発性発疹

突発性発疹はヒトヘルペスウイルス6型というウイルスが原因です。
ヒトヘルペスウイルス7型というウイルスも突発性発疹と同様の症状をおこすことがあり、このため突発性発疹に2回かかったという子もよく見受けられます。
感染経路は確定されていませんが、母親からもらった移行抗体が子供から消失する生後6ヶ月~12ヶ月ころに最も多く見受けられ、この時期に母親から感染すると考えられています。
ほとんどの子供が1歳過ぎまでにはかかってしまうポピュラーな病気です。

詳細はこちらpdfファイル

熱性けいれん

突発性発疹等で経験することが多い「熱性けいれん」の説明。

詳細はこちらpdfファイル

ジアゼパム座薬(ダイアップ)を使う方へ

痙攣時のダイアップの使い方。

詳細はこちらpdfファイル

子どもの夏かぜ ヘルパンギーナ 手足口病 プール熱

子どもの夏かぜ、ヘルパンギーナ、手足口病、プール熱、の簡単な解説です。

詳細はこちらpdfファイル

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎は、最近散発的な小流行を繰り返すようになってきました。 季節的には初秋から冬に多発する傾向がみられます。

詳細はこちらpdfファイル

RSウイルス感染症

RSウイルス感染症は11月~翌年の1月にかけての流行が多く、 インフルエンザと並び冬季に流行する代表的な感染症のひとつです。

詳細はこちらpdfファイル

小児の行動と発達

小児の生後4週から5歳までの五大分野における行動と発達の一覧表です。
人により個人差があるので、全て一致するとは限りませんが参考にして下さい。

詳細はこちらpdfファイル

食物アレルギーの治療

食物アレルギー治療の原則は他のアレルギー疾患と同様に原因の除去、すなわちアレルゲンを含む食品の摂取を回避することです。食物が他のアレルゲンと大きく異なるのは、抗原性を保ったまま生体内に吸収されて初めてアレルゲンとして作用するので、成長に伴って腸の消化能力と免疫能力が成熟すると、大半の人は耐性を獲得してアレルゲンを食べてもアレルギーがでなくなります。

詳細はこちらpdfファイル

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、アトピー型気管支喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎や蕁麻疹を起こしやすいアレルギー体質(アトピー素因)の上に様々な刺激が加わって生じる痒みを伴う慢性の皮膚疾患と考えられています。患者さんの約8割は5歳までの幼児期に発症し、従来は学童期に自然治癒すると考えられていましたが、成人まで持ち越す例や、成人してからの発症・再発の例が近年増加しています。

詳細はこちらpdfファイル

みずいぼの治療について(プールに入れない子供のために)

みずいぼ(伝染性軟属腫)はウイルスによって起こる疾患です。10歳以下、特に幼稚園前後の子ども達に起こります。形は、直径1~5mmほどの半球状に盛り上がったやや光沢のある丘疹で、いぼの真ん中がへそ状に凹んでいるのが特徴で、色は白から肌色、赤みががったものまで様々です。つぶすと中から白い物がでてきて、これが直接的に皮膚の違う場所にくっついたり、他のヒトに付いて伝染していきます。みずいぼで困ることは、プールに入れなくなることです。

詳細はこちらpdfファイル

伝染性膿痂疹 ( とびひ )

とびひは、高温多湿になる初夏から夏にかけて幼小児に多く、原因菌の大多数は
黄色ブドウ球菌(黄色ブ菌)で、A群β溶血性連鎖球菌(溶連菌)によっても発症
する皮膚の感染症です。

詳細はこちらpdfファイル

伝染性紅斑 ( りんご病 )

伝染性紅斑は、ヒトパルボウイルスB19の飛沫感染によって引き起こされ、爆発的流行とはいえませんが、明らかに特定の集団に流行し小流行の型をとることが多くみうけられます。
現在、伝染性紅斑は12月から今月までも流行中です。(2015年4月27日現在)

詳細はこちらpdfファイル

鵞口瘡 (がこうそう)

鵞口瘡はカンジタ・アルビカンスという真菌による口腔内感染症で、従来は栄養失調児や衰弱児にみられることが多いとされていましたが、近年はその他に異常のない新生児が、分娩時の母親の産道から感染を受けて発症することが多くみられます。

詳細はこちらpdfファイル

川崎病

川崎病(Kawasaki disease)とは、おもに乳幼児にかかる急性の熱性発疹性疾患で、1961年に小児科医の川崎富作が患者を発見し、1967年に報告し名づけられました。小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群(MCLS:MucoCutaneous Lymph-node Syndrome)とも言われますが、世界的には川崎病が一般的です。
原因は特定されていませんが、血液中にサイトカインと呼ばれる化学物質が増え、冬に多く地域流行性があることから何らかの感染が引き金となって起こると考えられています。
日本をはじめとするアジア諸国に多く、欧米では少なく、男女比は1.3~1.5:1でやや男児に多く、発症年齢は4歳以下が80%以上を占め、特に6ヶ月~1歳に多い病気です。

詳細はこちらpdfファイル

こどもと単純ヘルペスウイルスⅠ型

ヘルペスは、ウイルスが原因となって起きる病気です。
ヘルペスウイルスにはいろいろな種類があり、それぞれ異なった病気を引き起こします。

詳細はこちらpdfファイル

インフルエンザ脳症

インフルエンザ予防接種のシーズンとなりました。急速に意識障害が進行し、患者の1~3割が死亡するインフルエンザ脳症のガイドラインが2005年末に厚生労働省インフルエンザ脳症研究班から発表されましたので、簡単にご紹介します。

詳細はこちらpdfファイル

小児の心身症 チック障害

近年、子どもを取り巻く環境の変化として、核家族化、少子化、母親就業の増加などがあり、これらによる親子関係、家庭問題に起因する精神的な問題、さらに、学校や社会環境の悪化などによるストレスが加わることにより、心身症をはじめとする心因性の障害が増えてきています。

詳細はこちらpdfファイル

小児の包茎とその周辺疾患

真性包茎、仮性包茎、亀頭包皮癒着についての簡単な説明です。

詳細はこちらpdfファイル

夜尿症

5歳以上の子どもで、夜間、不随意に排尿する状態を夜尿症といいます。
夜尿症は基本的に一次性と二次性に分類されます。発達と関係する一次性の夜尿症は、生まれてからずっと続いているもので、夜尿が無い日が大体一週間を越えないもの。心因性による二次性の夜尿症はある程度の期間夜尿を見なかったのに何らかの出来事をきっかけに夜尿が始まったものです。

詳細はこちらpdfファイル

小児の薬物誤飲および中毒

小児の薬物中毒事故は成人の約6倍です。年齢別にみると1~4歳に最も多く、次いで0~1歳です。好奇心が旺盛になる年齢です。小さな子供の場合、実際に飲んだかどうか、またどの位の量を飲んだのかはっきり見当がつかないことが多いので、周囲の状況から判断せざるを得ないですが、実際には飲んでもごく少量の場合が殆どで、中毒まで進むものは薬物誤飲の300~1000例に1例位といわれています。5歳未満の子供で最も多いのはタバコ、次いで医薬品、化粧品、殺虫剤、洗剤の順に多く、5歳以上になると頻度としてはずっと少なくなりますが、その内容は医薬品が多く、次いで石鹸、洗剤、体温計の水銀の順となり、またボタン電池の誤飲も多くなります。

詳細はこちらpdfファイル

反復性腹痛

反復性腹痛とは、少なくとも3カ月の期間にわたってくり返し
3回以上起こる腹痛のことをいいます。
原因の多くは、不安や、学校、友人、両親、家族間における
ストレスが原因で生じた心理的な悩みと考えられます。

詳細はこちらpdfファイル

小児結核の症状、検査、治療について

結核について簡単に解説。
乳幼児結核と成人の結核の違いについて。
小児結核の症状、結核の検査、治療について。
多剤耐性結核と、結核菌の発生源を根絶する対策としてのDOTS戦略。

詳細はこちらpdfファイル
お問合せバナー

武蔵野市武蔵境駅近く、内科・小児科の前澤クリニックでは、健康診断・予防接種をはじめ、苦痛の少ない胃内視鏡検査、高血圧、脂質異常、糖尿病など幅広く診療しています。

ページトップに戻る