武蔵野市・武蔵境の内科・小児科は前澤クリニック

予防接種

MR

風しん・先天性風しん症候群とは?

風しんは、妊娠した女性が感染してしまうと、お腹の中の赤ちゃんにも感染し、赤ちゃんが病気を持って生まれる可能性があります。
この病気を「風しん・先天性風しん症候群」と言い、妊娠初期ほどその確率が高くなります。

風しんは子どもの病気と思われがちですが、実は、子どもよりも大人の間で風しんの感染が広がっているため、近年では大人も注意が必要なのです。

風しん予防接種が重要な理由は!

  • 風しんは手洗いやマスクの装着では、十分な予防手段ができるとは考えられていません。
  • 風しんウイルスの感染力は、インフルエンザの2~4倍と言われています。
  • 風しんは、一度自然に感染すると免疫が体内につくられます。また風しんワクチンを接種することで免疫がつくられ、風しんにかかることがなくなるとされています。

詳しくはこちら(厚生労働省WEBページ)>>

妊娠したら風しんワクチンは接種できません。

女性は妊娠前には、風しんの予防接種をご検討ください。

成人男性で、風しんにかかったことのない方、風しんワクチンを受けていない方、接種をご検討ください。
2回接種しても問題ありません。どちらも不明な方は接種をご検討ください。

※昭和54年4月2日~平成7年4月1日生まれの男女は接種率が低く、昭和54年4月1日以前生まれた男性は子どもの頃に定期接種のチャンスがありませんでした。

風しんの予防接種は、はしか(麻しん)も一緒に予防できる麻しん風しん混合ワクチンをうけることをお奨めします。

風しん抗体検査・予防接種の助成制度

武蔵野市では、大人(女性)の風しん抗体検査・予防接種の助成を行います。対象者はこちら>>
ぜひ積極的にご利用ください。

お問合せバナー武蔵野市武蔵境駅近く、内科・小児科の前澤クリニックでは、健康診断・予防接種をはじめ、苦痛の少ない胃内視鏡検査、高血圧、脂質異常、糖尿病など幅広く診療しています。
ページトップに戻る